13日 5月 2017
成年後見制度をはじめ、高齢者や障がい者を支援する行政書士、社会福祉士のNPOで、 研修会の講師をさせて頂きました。 いつもそうですが、専門職の人に話をするときは、 私は、利用者側の人間、つまり、障がい者の親として、お話しています。 こうした講師をするときは、どんなことを話そうか…と、思いを巡らせるのですが、...
13日 5月 2017
娘の夢をかなえる小さな花屋さんのできる家… やっと見つかりました。 自宅から歩いて15分くらいのところです。 こんな近くに、いい場所が見つかるなんて、びっくりです。 これからの私の目標は、 娘の花屋のそばに、障がい者支援事務所を作っていくことです。 障がい者、そのご家族が、困ったなぁとおもったら、いつでもドアを叩ける。...
13日 5月 2017
今回の研修会の最後に話したことです。                          これは、行政書士試験に何度も受けながらも、 あきらめなかった私の支えとなった出来事でした。 行政書士になることを、あきらめなくて良かった。 その思いから、今回の研修会で、皆さんにお話しました。 ・・・...
13日 5月 2017
10月4日 2回目の研修会の講師をさせて頂きました。 今回は、主催者側の計らいで、行政書士だけでなく、 社会福祉士、精神保健福祉士、保険会社の方、手をつなぐ冊子編集者など、 様々な関係の方が50人近くも来られて、それこそ、私の願う研修会となりました。 主催者に感謝感謝です。 相変わらず、たくさんの方の前でのしゃべりは下手なのですが、...
13日 5月 2017
「あなたのやりたいことはなんですか?」 障がいをもつわが子との日々に戦い疲れていた時に、 障がい児支援グループで知り合った先生に言われた一言です。 一瞬、何をいってるんだろう?と思いました。 言葉も全く通じない、そして、元気よくずっと泣いているわが子を抱えて、 寝る暇すらありませんでした。 下の子も生まれていました。...
13日 5月 2017
あしすと絆の活動をしていると、やはり福祉部門の理解は深めることは必要です。 また、現実的には、障がい者を受け入れてくれる事業所も少ない気がします。 現場で働いているヘルパーさんたちのことも知りたいと思いました。 そんなことから、思い切って、介護職員初任者研修を受けることにしました。 調べてみると、いろいろな研修システムがありました。...
13日 5月 2017
3年前の話です。 その日、私は、仕事先から、歩いて帰宅していました。 重い本を持っていて、バランスが崩れ、転んだ時には、 顔にひどいけがをしていました。 病院に行き、治療してもらい、念のためにと、レントゲンを撮ったところ、 ぶつけた方ではない頭部に影が見えました。 なんと、脳に腫瘍が見つかったのです。...
13日 5月 2017
活動も少しずつ実を結んできたのか、行政書士会練馬支部で、2月に研修会の講師をさせて頂きました。 今まで、障がいを持つ子供たちとあしすとメンバーとが一緒に遊ぶ会、障がい者家族とあしすとメンバーとの おしゃべり会(交流会ですね)、あしすとメンバーのための福祉園や支援学校参観など、少人数での活動はし...
13日 5月 2017
私のもう一つの顔は、5人の子どもの母親です。 男の子も、女の子も、双子も、障がいのある子もいます。 バラエティに富んだ子育てができたことは、私の唯一の自慢です。 2000年、成年後見制度ができました。 「街の小さな法律家」としての行政書士は、成年後見制度への理解が深い方も多く、 それだけでなく、身近な相談もできる、障がい者家族の強い味方です。...
24日 11月 2017
あしすと絆の周辺で感じたことを綴っています。