法定相続人とは?

遺言書があれば、基本的には、その遺言書を尊重して、財産が分けられます。

遺言書のない場合には、民法の規定により、相続開始の時に生きている一定の者が、法定相続人となります。

 

法定相続人は、下記のように分けられます。 

①  配偶者のみ

②  配偶者と子(1/2と1/2)

③  配偶者と直系尊属(2/3と1/3)

④  配偶者と兄弟姉妹(3/4と1/4)

⑤  子のみ

⑥  直系尊属のみ

⑦  兄弟姉妹のみ

⑧  相続人不在

 

ただし、

・「子」「兄弟姉妹」が相続人に含まれる場合には、代襲相続が行われるケースもあります。

・胎児に対しての特例もあります。

・現在の民法では、嫡出子と非嫡出子では、相続の割合が、ちがいます。

・相続人がいない場合など、特別縁故者に財産がわたる場合もあります。

 

このように、各相続人の相続分は、遺言の指定のない限り、原則として、民法の定めに従うことになりますが、相続人全員の合意により、遺産分割協議をすることによって、法律で定められた相続分と違う割合で遺産の分割をすることが、できます。