遺言をつくる際に一番大切なこと

遺言書は、家族に残す最後の手紙です。できれば、残された家族がトラブルを起こすことは

避けたいものです。

遺言書では、法定相続分と違う内容の分配内容にすることができますが、その際、遺留分(いりゅうぶん)のことを考慮しましょう。 

 

 

自筆証書遺言について

遺言を書こうとしている人が自ら、遺言の全文、日付、氏名を自筆で書き、押印したものをいいます。

 

PCで作成したもの、代筆では遺言書として認められません。

 

遺言の内容、存在を秘密にでき、作成も簡単で、費用もかかりません。

 

ただし、遺言書を書いた人が亡くなった場合、その遺言書を発見した人、または、預かっていた人は、家庭裁判所に「検認」の手続きをしなければなりません。この手続きには、書類集めなどの多大な量力と、1ヵ月半~数ヵ月の時間がかかり、親族を亡くしたばかりのご遺族にとってはそうとうな負担となります。

 

また、書式が不十分な遺言書は、せっかく残しても正式な遺言書と認められないこともあります。

 

それに、遺言書を作ったことを秘密にしたまま、亡くなった場合には、せっかく作った遺言書なのに発見されない場合も起こり得ます。

自筆のため、書き直される恐れもあり、紛失の心配もあります。

自筆証書を書く際は、ぜひご相談下さい。

 

自筆証書遺言を作った時には、必ず下書きを専門家に見てもらいましょう。

また、自筆証書で遺言を書いた時は、保管にも注意しましょう。

ご家族に書いたことを伝えておくのも一つですし、貸金庫や、遺言執行者に預けるのも

ひとつです。

 

あしすと絆では、あなたが書き上げた遺言書の確認もいたします。

私たちも、遺言執行者となります。

遺言書のお預かりもいたします。

公正証書遺言(おすすめ)

公証役場で、証人2人の立ち会いの下、公証人が遺言者の意思を文書にして作成するものです。

公証役場で、作成しますから、裁判所での検認は不要です。

様式不備で無効になることもありません。

また、原本は、公証役場で保管されますから、変造・偽造の心配もありません。

寝たきりの人には、公証人が出張もしてくれます。

ただし、公証人や証人に内容が知られることになります。

もちろん、公証人、証人共に守秘義務がありますが。

また、作成に際し、公証人に対して、財産に応じた費用がかかることもお忘れなく。

 

あしすと絆のネットワークには行政書士等の士業者が多くおりますので、

遺言作成に必要な書類の取り寄せ、公証人との打ち合わせ、

立ち会い証人など、公正証書作成のサポートも可能です。