任意後見契約

任意後見契約とは、ご本人が契約が結べる判断能力が

しっかりしているうちに、自分自身で後見人、つまり、支援してくれる

人を決めて、その人と契約しておくことです。

後見人を引き受けてくれる人のことを任意後見受任者と

いいます。

任意後見の契約書は、ご本人と、任意後見受任者が、

公証役場に出向いて、公正証書で作成します。

ただし、ご本人と任意後見受任者の間で、任意後見契約を結んだだけでは、

効力は発生しません。

ご本人の判断能力が衰えてきた時に、任意後見受任者等が、家庭裁判所に

任意後見監督人の選任の申し立てをし、実際に任意後見監督人が選任された時に、

任意後見受任者は、任意後見人となり、契約の効力が発生します。

任意後見契約をおすすめしたいケース

・あなた自身で、これからの人生の過ごし方を決めたいと思っている方。

・家族・親族のいない方、または、迷惑をかけたくないと思っている方。

・お子さんのいないご夫婦

・お子さんがいても、知的障がい等で、判断能力が乏しい方。➡この場合には、あなたに対しても、または、未成年のお子さんの将来に対しても任意後見人の検討をすることができます。

・知的レベル(判断能力)の低くない精神障害の方

・身体障害の方