研修会の講師をして

 

 成年後見制度をはじめ、高齢者や障がい者を支援する行政書士、社会福祉士のNPOで、

研修会の講師をさせて頂きました。

いつもそうですが、専門職の人に話をするときは、

私は、利用者側の人間、つまり、障がい者の親として、お話しています。

こうした講師をするときは、どんなことを話そうか…と、思いを巡らせるのですが、

あの頃は、あんなに辛かったのに、

すっかり思い出、それもけっこう美しい思い出になっていて、

我ながらわらえたりします。


それでも、全く障がい者のことを知らない人からすると、

びっくりされることも多いようです。

 

障がい者家族と専門職…

                       

どれだけのいい出会いを作ってあげられるか?

頑張っていきたいと思います。