研修会

活動も少しずつ実を結んできたのか、行政書士会練馬支部で、2月に研修会の講師をさせて頂きました。

今まで、障がいを持つ子供たちとあしすとメンバーとが一緒に遊ぶ会、障がい者家族とあしすとメンバーとの

おしゃべり会(交流会ですね)、あしすとメンバーのための福祉園や支援学校参観など、少人数での活動はし

てきましたが、行政書士の皆さんに、障がい者とその家族のことを少しでも理解してもらうとてもいいチャンス

です。

たくさんの行政書士の方々の前でお話するのは、自分自身にもかなりプレッシャーをかけてしまったので、

本当に緊張しました。

それに、話の内容も、自分のことだけでなく、子供のことも話すので、少し抵抗もありました。

 

でも、障がいを持っていることで、彼らには純粋で優しい気持ちがたくさん残っている事

そして、私は、そんな優しい心に救われていること

障がいのあるなしに関わらず、10人の人がいたら、10通りの人生、考え方があること

障がいのあるなしに関わらず、その人、その人にあった支援をしてほしいこと

を、少しは伝えることができたかなぁ。

今は、話してよかったぁと思っています。

 

おかげさまで、聞いて下さった方の反響もよく、別の支部からも研修会の依頼がありました。

そして、一般の方向けの小さなセミナーにも、講師として誘って頂きました。

やっと2歩目が踏み出せたところでしょうか……